仕事をしていると様々な出会いがあり、もしかしたら恋に発展する可能性もあります。逆に職場に出会いの機会がない場合もありますが、そんなときには街コンがオススメです。同じ目的を持った人が大勢いるので勇気を出して足を運んでみましょう!イベントのテーマによっては日本人のみならず外国人との素敵な出会いもありえるかも?ぜひこのサイトの情報を活用してみてください。

インスタグラムでリポストを口実に関わろう!

インスタグラムのリポストを使うことで写真をシェアすることができます。
リポストもしくはリグラムと呼び、より多くのユーザーたちに写真を見てもらえます。
専用のアプリを用いる方法もありますが、インスタグラムに備わっているリポスト機能を使って行うことも可能です。

リポストをする前に注意したいのは、写真の投稿者に許可をもらうこと。
いくら素敵な写真だったとしても、勝手に拡散するのではなくリポストしても良いのか聞いてみるのがマナーです。
きちんとマナーを守れば、許可をもらおうと聞いてみたことがきっかけで仲良くなれることがあるかもしれません。
素敵だと思ったのは価値観が同じだったり、共通の趣味があるからこそです。
許可をもらうとき、写真の良かった部分を具体的に伝えると良いでしょう。

マナーを守って話しかけ、写真を褒めることがポイントです。
褒められるのは投稿者として嬉しいものなので、写真のことを話題にしてみましょう。
たとえば写真の撮り方のコツ、おすすめの撮影スポットなどです。
いきなり個人情報を聞くのは相手に失礼なので、共通の話題として写真のことを聞いてみて下さい。

相手の許可がもらえたら、スクリーンショットを撮ってリポストします。
投稿者のアカウントの前にアットマーク「@」を付け、「#regram」のハッシュタグを続けて入れるとリポストの投稿ができます。
使い方は覚えてしまえば簡単なので、素晴らしい写真があったらリポストしてみましょう。

お互いにリポストできるようになり、慣れてきてもルールを守ることが大切です。
相手の写真だけでなく、自分が投稿するときも個人情報が写っていないかどうかは注意して下さい。
拡散したいのはきれいな写真なので、間違えて投稿者の情報が広がらないように気を付けて使う必要があります。

写真を通して色々な人と接することができるのも、インスタグラムの楽しいところです。
撮影するとき役に立つアドバイスをくれるユーザーや全く違う年代の人たちなど様々ですが、写真に興味があることは共通しています。
素敵な写真ではなく素敵な人を見つけたときも、リポスト機能を知っていれば口実にして関わりを持つことができます。
いきなり話しかける場合と違って、きちんと理由があるので話しかけやすくなるはずです。

インスタグラムをこれから始める人も、すでに使っている人も覚えておきたいリポスト機能。
マナーを守ってお互いに写真をリポストすれば、より多くの人に写真を見てもらえます。
フォロワーや「いいね」も多くなり、より楽しくなるでしょう。

あわせて読みたい記事
アーカイブ